【第322回】WEB集客最前線(2024年のホテル旅館業界の予測②~Web編~) 2024/01/31|コラム

【第322回】週刊観光経済新聞掲載の、弊社取締役副社長 内藤英賢によるWEBマーケティング インターネット徹底集客の記事のご紹介です。
今回のテーマは、WEB集客最前線(2024年のホテル旅館業界の予測②~Web編~)について。

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+
  • Pocket

【第322回】WEB集客最前線(2024年のホテル旅館業界の予測②~Web編~)

今号では、前回に引き続きホテル旅館業界のITやWEBに関する予測について述べたいと思う。前号同様に多分に主観が入った内容ではあるが、ご容赦頂きたい。
 

採用サイトの必要性

まずは「採用サイトの必要性」についてである。
人手不足が最大の課題であることは前号でも述べたが、それでも「では採用サイトはありますか?」と問うと、まだ多くの施設で持ち合わせていないorきちんと整備されていないというのが現実ではなかろうか?
我々の求人メディア上の調査でも実に90%以上の人が応募前に候補施設のWebサイトを閲覧に来ているというデータがある。そこで採用サイトがなければ期待した情報が得られず、応募を辞めてしまうリスクが発生する。したがって、採用サイトの保有は必然的であり、考えようによっては、旅行者向けのサイト級に力を入れるべきなのである。
また、次年度は観光庁による人手不足対策予算が組まれており、そこに採用サイトの制作という項目もあるので、詳細が出てきてからではあるが、是非有効活用して欲しい。

多言語への戦略的な設計

2点目は「多言語への戦略的な設計」である。戦略的な設計と記載したのは、今後の伸び代であるインバウンドに対して、自エリアや自施設はどのように対応するのか?という戦略的な要素がとても大事だからである。ただ単純に海外ゲスト向けWebサイトを制作すれば良いという時代ではもはやない。
どの国のどの層をターゲットにして集客を図るのか?そこに対しての有効な手段は何か?
(多言語Webを作る事なのか、SNSを海外向けに始める事なのか、インフルエンサーを呼ぶことなのか、海外メディアプロモーションをすることなのか)
戦略的な設計が求められる。
 

テクノロジーによる省人化

最後が「テクノロジーによる省人化」である。こちらに関しては昨年もお伝えしたが、今年も次年度に「省力化・省人化補助金」が予定されていることから、準備をしておきたい。
チェックイン周り、清掃ロボット、配膳ロボット、など機械化/省人化できそうなものをリストアップしておくことをお勧めする。

以上3点、ITやWeb周りの予測や強化ポイントを述べたが、参考になれば幸いである。
(株式会社アビリブ・株式会社プライムコンセプト 内藤英賢)
 
 
 

お問い合わせはこちら

  • ツイート
  • facebookシェア
  • B!はてブ
  • G+ google+
  • Pocket