アビリティコンサルタント|株式会社プライムコンセプト 的場ブログ

旅館、ホテルを中心に全国3000サイト以上の制作実績!

景況感

本日の日本経済新聞に恒例の最新版業種別天気図が掲載されている。

2業種をピックアップする。

 

■旅行・ホテル 曇り→薄日(良化)

・訪日外国人客が回復

日中関係の悪化で中国からの観光客は引き続き低迷するが、

タイや韓国などアジア地域を中心に訪日外国人客数が回復基調にあり、

中国の減少分を補いつつある。都内のホテルでは客室稼働率や単価が前年を上回る。

旅行は時間や所得に余裕のあるシニア層を中心に

5月の大型連休などの予約が好調に推移。

 

■ネットサービス 薄日→薄日(堅調)

・スマホでのネット絶好調

インターネット通販はスアホ経由の購入がパソコン経由より単価や購入頻度が高くなる傾向にある。

企業間の競争激化で配送費の値下げが相次いでおり、通販市場が一段と拡大する。

スマホの無料通は・チャットアプリも利用者が増え、

課金事業も本格化するために収益拡大に寄与しそうだ。

 

我々のクラインアントに関して言えば、

WEBマーケティングをしっかりと実践しているところは、想定を上回る好調が続いている。

地道に築き上げてきた顧客との信頼関係がベースとなり、

それに新しいチャレンジが組み合わさっている施設が、

驚くほどの数字を叩き出していることが実態だ。

 

業界内では「絶好調」と声を大にして敢えて言わない空気感(あまり良いことがないため?)があるが、

経営の最前線では、近年最高の売上、そして利益水準となっている。

 

お陰様で我が社も過去最高の売上と収益を達成する見込みである。

良いサービスを安価で提供し、クライアントの収益拡大の一助となるべく、

現場が顧客満足度の高いアウトプットを出し続けているからと自社を分析している。

やはり、全ては「現場力」だと思う。

「経営力」が強くても「営業力」が強くても、「現場力」が弱ければ商品として成り立たない。

 

強い企業は、お客様を創造し続け(増やし)、関係会社を盛り上げ、

自社がしっかりと収益を上げて、そしてきちんと社員に還元することで、

社会を盛り上げていかなければいけない、と思う。

当然のように実行している素晴らしい企業がたくさんある。

我が社もまた仲間入りしなければならない、なぜなら現場が必死で頑張っているからだ。

 

コメントは受け付けていません。