アビリティコンサルタント|プライムコンセプト株式会社 的場ブログ

旅館、ホテルを中心に全国1000社以上の制作実績!

月別:4月2013

雑談

■ヤンキース黒田投手

情熱大陸の翌日に完封。

情熱大陸の放送では、今シーズン初登板で「打球を手に当てて早々に降板」になり、

悔しそうな表情をきちんと取材を受けていた姿がとても印象に残っていて、、、

その翌日にパーフェクトリベンジでした。

筋書きには無いドラマでした。

う~ん、サムライジャパンより、ずっとずっと『侍』に感じました!男も惚れる!

 

■今、私はある「島」にのめりこんでいます

この「島」は本当に素敵です。

何が素敵か???

「人」ですね。

きっとそんなもんですね。

「島旅」、潮風が気持ちいい!

 

■クリエイティブ

クリエイティブな仕事がしたい、そう思う機会がありました。

成功の法則、商売の王道、そんなの関係ない、、、

クリエイティブで勝負したい、新しいモノ作りがしたいです。

売れるかどうか、を判断することはきっと私の得意分野です。

なんかわかるんです、それが売れるかどうか、あたるかどうか。

新しいモノを創ろう、そうです、新しくなければいけないんです。

新しいことがない仕事、そんな仕事誰かが出来る、

新しいことを入れるという決まりごと、そうしていきたいです。

 

■3年努力できますか?

我が社の自慢は「社員」です。80%が中途入社組です。

まだ芽が出ていない「人」が、我が社に来たら大活躍する、へんな会社です。

TOPデザイナーには、本当に「ドシロウト」のアルバイトから3年でTOPクラスなった

元女性ボーカリストがいます。もちろん本人は涙を流すほど努力していました。

私からみれば、『奇跡』に近い成長力でした。

ドラフト1位の松井ではなく、ドラフト4位のイチローみたいな感じです(松井も素敵です)。

そう、1にも2にも本人の「ハート」であり、3,4がなくて5に「環境」です。

本人の努力に応えることは『機会』が必要である、

『チャンスを与える』という単純明快な環境作りと思っています。

最近、採用面接の際に応募者から「デザインスキルレベルが高すぎて応募しにくかった」と

言われることがあります。挑戦するかどうか、きっとそれは本人次第です。

過去も学歴も問いません。

「情熱がある人、誠実な人、努力する人」 が楽しいと思える、チャンスを掴める会社です。

 

■京都

京都で、ご縁があって飲んでいたのですが、大失態でした。

この社長、話がめちゃくちゃ面白い、そしてワインをグイグイいきます。

4年ぶりに記憶が飛びました。

ただただ、、、本当に申し訳ございませんでした。

その社長が大事な話の前に仰ることが「心のCA」で、

その内容については秘密にしなければいけないお話です。

で、で、でも、、、覚えていません。その時、感動したことが・・・。

これが「心のCA」の本質だ、と後で「ぐるんぐるん」しながらわかりました・・・。

有難うございました。

 

こてこての現場主義が、旅にフォーカスしてみる!

私個人は、こってこての現場主義なのだと最近改めて思います。

「もっと社内にいてほしい」

「社長業に専念してはどうですか」

「毎日飛び回っていて大変ですね」

と言われることがあるのですが、、、

現場が楽しい、のですね。

現場で一緒に改善して動いて「結果を出す」ことが好きなんだと思います。

月25日の出張をしていますが、

社内をしっかりと守ってくれている幹部社員にただただ感謝です。

 

またまた新しいことを始めることにしました。

 

今度は『旅』にフォーカスします。

 

「旅が大好き」で「旅を創造することが得意」で「旅で世の中を変えたい」

と変なことを思っている同志を募ります。

 

『旅』は、『人生』を変え、『世の中』をきっと変える!

 

今は2013年4月、ここからがスタートです!

 

※昨日、水野常務が10億円なんかどうでもいい、100億円を目指せ!と言うので、

100億円をやることになりました。

昨年、銀行の方に「100億やる過程です」と言ったら、

白い目で見られた、悔しい思い出があります・・・。

今でも思い出すと悔しいです。。。

といっても、、、根拠の無い話だから、そういうものですね。

ただ、言わないと、、、実現しないので、、、とりあえず言ってみます。

 

景況感

本日の日本経済新聞に恒例の最新版業種別天気図が掲載されている。

2業種をピックアップする。

 

■旅行・ホテル 曇り→薄日(良化)

・訪日外国人客が回復

日中関係の悪化で中国からの観光客は引き続き低迷するが、

タイや韓国などアジア地域を中心に訪日外国人客数が回復基調にあり、

中国の減少分を補いつつある。都内のホテルでは客室稼働率や単価が前年を上回る。

旅行は時間や所得に余裕のあるシニア層を中心に

5月の大型連休などの予約が好調に推移。

 

■ネットサービス 薄日→薄日(堅調)

・スマホでのネット絶好調

インターネット通販はスアホ経由の購入がパソコン経由より単価や購入頻度が高くなる傾向にある。

企業間の競争激化で配送費の値下げが相次いでおり、通販市場が一段と拡大する。

スマホの無料通は・チャットアプリも利用者が増え、

課金事業も本格化するために収益拡大に寄与しそうだ。

 

我々のクラインアントに関して言えば、

WEBマーケティングをしっかりと実践しているところは、想定を上回る好調が続いている。

地道に築き上げてきた顧客との信頼関係がベースとなり、

それに新しいチャレンジが組み合わさっている施設が、

驚くほどの数字を叩き出していることが実態だ。

 

業界内では「絶好調」と声を大にして敢えて言わない空気感(あまり良いことがないため?)があるが、

経営の最前線では、近年最高の売上、そして利益水準となっている。

 

お陰様で我が社も過去最高の売上と収益を達成する見込みである。

良いサービスを安価で提供し、クライアントの収益拡大の一助となるべく、

現場が顧客満足度の高いアウトプットを出し続けているからと自社を分析している。

やはり、全ては「現場力」だと思う。

「経営力」が強くても「営業力」が強くても、「現場力」が弱ければ商品として成り立たない。

 

強い企業は、お客様を創造し続け(増やし)、関係会社を盛り上げ、

自社がしっかりと収益を上げて、そしてきちんと社員に還元することで、

社会を盛り上げていかなければいけない、と思う。

当然のように実行している素晴らしい企業がたくさんある。

我が社もまた仲間入りしなければならない、なぜなら現場が必死で頑張っているからだ。