コンサルタントスタッフブログ|Consultant Staff Blog

月別:7月2013

旅館の未来を切り開く!

こんにちは。

旅館ホテルソリューション事業部の林田裕也です。

 

私の周りには本当に素敵な旅館経営者の方々が多くいらっしゃいます。

いつもお話をする事で私自身、刺激を受け更に成長させて頂いており

その思いに触れることで日に日に旅館への気持ちが増して行きます。

 

私は、旅館が大好きです。

それは、旅館が人々の人生の思い出の1ページの舞台になるからです。

人は1人ではなく、他の人に支えられて人生を送っています。

その一番の存在は家族です。

 

その家族には、家族の数だけ思い出のアルバムが存在します。

その1ページには、家族で行った旅行の思い出があり、

そこには皆で泊まった旅館があります。

そこで食べた夕食や、一緒に入った温泉、普段ではしない会話に花を咲かせ

素敵な時間がそこに刻まれます。

その思い出は、親から子へ伝えられ、

やがて孫へと引き継がれていきます。

 

そして昔家族で行った、「思い出の旅館」は家族の宝物になります。

その家族の1ページの舞台になれるのが旅館です。

本当に素晴らしい場所です。

 

だからこそ、昔おじいちゃん、おばあちゃんと行った思い出の旅館は

未来もあり続けなければなりません。

その子供が、親になり、自分の家族を連れてくる。

その場所が、未来もあり続けなければ家族の大切な思い出の1ページも途絶えてしまいます。

 

そんな大切な場所が、そこにあります。

旅館と共に、それぞれの家族の思い出が続いて行きます。

 

私にもそんな大切な旅館があります。

幼い頃、今は亡き祖父や祖母がよく連れて行ってくれた場所です。

残念ながらそこは現在営業していません。

私はいつか必ずその場所を復活させたいと思っています。

私の他にも、その場所が思い出の場所である家族が沢山いるからです。

 

その想いが、旅館の未来を切り開くと信じています!

 

プライムコンセプト
旅館ホテルソリューション事業部
林田裕也

 

 

 

宿泊業界の未来と若者

こんにちは。

旅館ホテルソリューション事業部の林田裕也です。

 

私は、この業界で生きていこうと決めたのは、中学の時でした。

(正確には、もっと幼少の時から好きで、確信したのが中学でした)

 

ホテルが好きで好きでたまらず、高校の時に必死でお金を貯めて1人でリッツカールトン大阪に宿泊に行きました。

そこで迎えてくれたドアマン、フロントスタッフ、ラウンジのスタッフ、ハウスキーピングの誰もが

田舎から1人で出てきたまだまだ若造(当時から年齢は高めに見られてましたが、、、)の私を

1人の紳士として迎えてくれました。その感動は、今でも忘れません。

 

そこで出会った全ての時間が、私の宿泊業界への想いへ繋がっています。

 

業界を目指す、理由やきっかけは人それぞれだと思います。

それに出会う、年齢もまちまちですし、まだ出会っていない方々もいるかも知れません。

宿泊業界は、全て人が作っています。

その感動も、そのサービスも、お客様が宿泊している客室のベットを綺麗にメイクしたのも。

すべて人が作っています。

業界は正直、本当に大変です。辛い事だらけです。思いとは裏腹にそうそう事はうまくは行きません。

日々の99%が辛く、大変な事です。

 

しかし、私を含め業界の人は残りの、忘れた頃にやってくる1%の感動や感激が

鳥肌が立つほど、時には涙が出るほど最高の瞬間として感じる事ができます。

それこそがこの業界の最高の喜びであり、業界の生きがいです。

 

そんな素晴らしい業界の未来は明るくなくてはいけません。

そして、10年、30年、50年、100年・・・・とずっと続いていく事こそが存在意義でもあります。

 

「今の感動」の提供は、きっと誰かの将来の思い出となります。

そんな人々の将来の思い出を作れる素晴らしい業界を他に知りません。

 

こんな素晴らしい業界を若者達へ伝える事も私達の大切な仕事であると思います。

そして素晴らしさを伝える事だけでなく、本当に働く者にとっても素晴らしい業界とならなければ

なりません。それは、業界人の社会的幸せとその家族の幸せを守る事であると思います。

 

私の目標は、5年以内に若者や学生達が就職したい業種No1を宿泊業界にする事です。

我々はそれを目指さなければいけません。それは我々の使命でもあります。

 

それがきっと、将来の宿泊業界の未来を切り開くと信じています。

 

 

プライムコンセプト
旅館ホテルソリューション事業部
林田裕也

PAGE TOP